FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

AFCチャンピオンズリーグ 2012 グループステージH組 第二節 柏レイソルvs全北現代

2012.03.22 23:40  Football

第一節のアウェイゲーム、ブリーラム戦を落とした柏にとって
ホームで迎える第二節はとても重要な一戦だ。

ここまで公式戦で未勝利というのも重苦しくのしかかるけれど
何よりもホームで勝ちきれないとグループリーグの突破は難しくなる。
まして相手は昨年の準優勝チームだ。
(その割にサポーターの数が少なかった。
日本にはあまりいないのだろうか)

IMG_2320_org.jpg


韓国のチームはフィジカルが強い上に
かなり激しく削りに来るイメージがあるので
やはり怪我なども気にはなる。

国際試合の経験が多くない柏にとっては
ホームの利は最大に生かしたいところだ。

ところが試合は想像以上に良い出来だった。

何といっても栗澤の復帰が大きい。

茨田は素晴らしい素質の持ち主だし
他のプレーヤーに無い特色も持っているけれど
守備面での貢献度に関しては栗澤が一枚も二枚も上だろう。

相手のカウンターになりそうな場面で
スペースを埋めたりボールホルダーにチェックに行く動きの早さと的確さ。
改めて存在の大きさを感じさせられた。

酒井が安心して上がれるのも
やはり栗澤がいてこそなのかもしれない。

現代は思ったよりもボールをつないでくるチームで
それは少し意外だったけれど
身長の高い選手が前にいることもあって
セットプレーやクロスでは少し危ないシーンもあった。

がしかし、この点では那須と増嶋が身体を張ってくれた。

近藤の負傷があっても那須がいることで
DFラインに大きな綻びは見せないで済んでいるし
フィードについても近藤に遜色ないものを見せている。

右でも左でもロングフィードが蹴れるというのは大きい。
実に大きな補強をしたと思う。

レアンドロにマンマークをつけてこなかったのもあって
バイタルを完全に掌握することが出来た。
そうなるとワグネルと橋本も生きてくる。

やはり柏の攻撃はレアンドロが中心になるし
それを支えるのは酒井と栗澤だろうと感じた。

FWについてはもう一頑張り欲しいか。

田中は持ち替えて得意の左で打とうとするよりも
とりあえず右でもいいから打つことを意識すべきではないだろうか。
ロボは動き自体はとてもいいように思うけれど
後は決定力だろう。

覚醒したら相当点を獲りそうな気はするのだけれど。

5-1というのは正直出来すぎの感はある。
がしかし、まだまだ戦いはこれからだ。
グループリーグを突破してその先に行くためには
ここからがスタートと言っていい。

IMG_2328_org.jpg

IMG_2324_org.jpg

勝利に優る薬なしとは良く言うけれど
重苦しくなりかけていた雰囲気も
これで吹き飛ばしてリーグ戦にもつなげていってほしい。

試合はすぐそこだ。
勝ちも負けもその日限りで切り替えないと。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。