FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2012 Jリーグdiv.1 第二節 浦和レッドダイアモンズvs柏レイソル

2012.03.18 13:07  Football

雨がそぼ降る3月の土曜。
まだ冷え込む。

先週の開幕戦を引き分けた柏にとって
この二節目で初勝利を上げておきたい。

場所は三ヶ月前歓喜に震えたさいたまスタジアム。

IMG_2318_org.jpg

相手の浦和が監督を代えて間もないこともあって
この縁起のいい場所で何とか勝っておきたい。

誰しもがそう思っていたと思う。

開門時刻前から並んだのだけれど
場内の物販のしょぼさには本当に参った。
ポテトは完全に冷えきっていたし
売り子の段取りも悪かった。

会場の外ではたくさん店が出ていたけれど
再入場ができないので何の意味もない。
浦和サポーターだけで十分採算が合うのかもしれないが
ちょっとなぁとやはり思わされた。

そして試合も天候同様寒いものとなる。

失点のシーンはワグネルの完全なミスだけれど
那須との連携に問題があったようには見えた。

近藤の代わりに入った那須は
穴を感じさせないだけのパフォーマンスを見せてくれて
これは個人的には大きな収穫だと思っている。

ワグネルのミスによる失点ではあるけれど
ワグネルに救われた試合の多さを考えると
責めるつもりにはなれない。

問題はやはり中盤だろう。

浦和の対策に完全にしてやられた感がある。

レアンドロに阿部と鈴木をつけて
酒井には梅崎と槙野をぶつけることで
右サイドを機能させないようにしてきた。

そして左サイドの橋本に対しては
縦の突破だけは許さないように切って
ワグネルとのコンビネーションの甘さを突く。

昨年終盤からずっとワグネルと橋本のコンビは
熟成を期待されているのだけれど
一向に二人のコンビネーションで相手を崩すことができない。

そうしてサイドを封じにいくからには
真ん中が空くはずなんだけれど
柏のボランチが攻撃にはほとんど参加してこないのを見透かされていた。

大谷をアンカーにおいてレアンドロを中央に、茨田は右に回るといった
システム変更もこの日はなかった。
右サイドの守備に忙殺された茨田が精細を欠き
攻撃面でのパスミスも頻繁に見られたのもあって
柏の攻撃は特に前半全く機能しなかった。

後半になってレアンドロと酒井が浦和の守備に対応したこと
梅崎の運動量がやや落ちたことがあって
攻撃面は幾分改善された。

肝心の部分で決定力を欠いたけれど
これは浦和の選手が最後で良く体を張っていたのもある。

システムだのなんだのといったところで
守備において一番必要なのは体を張ることなのだと思う。
そういう意味で浦和の選手が奮闘していたとこれはやはり賞賛せねばなるまい。

結果はもちろん正当なものだと思う。
ミスから奪った得点を浦和が最後まで体を張って守りきったものだ。
柏の攻撃はあと一歩及ばなかった。

どこのチームもこうやって柏の弱点を突いてくる。
勝つのは決して簡単なことではない。

それを乗り越えないと柏はもう一段階上にはいけない。
それに対してサポーターができることはあまりにも少ないけれど
信じて応援しようと思う。

IMG_2319_org.jpg

最後に。
この日の主審のジャッジ自体にはほとんど不満はない。
どちらかに偏った笛でもなかったとも思う。

がしかし、両軍合わせて8枚のイエローを出すほど
荒れた試合ではなかったと思う。
カードの基準についてもう少し考えても良いのではないだろうか。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。