FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

FUJI XEROX SUPER CUP 2012 柏レイソルvsFC東京

2012.03.04 12:37  Football

シーズンの開幕が一週間後に迫ってきた。
何よりACLの初戦が数日後だ。

それは柏もFC東京も同じだし
プレシーズンマッチとはいえそろそろ仕上げの時期だから
あまりに酷い内容というのは困る。

かと言ってケガも困るわけだけれど。

春の陽ざしのような暖かい一日で
観戦には絶好のコンディションとなった。
後はチームの仕上がり具合だけだ。


IMG_2273_org.jpg

IMG_2275_org.jpg

がしかし、試合の入り方にはまたしても課題を残した。

故障が怖いのか、連携がまだまだなのか
セカンドボールを全く拾えずに東京に再三チャンスを作られる。
玉際で競り勝たないとボールがつなげるはずもない。

何より東京の前線からのプレスの激しさ、連動性が素晴らしかった。
もともと力のあるチームだけれど
とても昇格年度とは思えないチームだと思う。
今シーズンはかなり上位に来るのではないだろうか。

実際東京の石川や谷澤あたりにはあわやのシーンを何度も作られたけれど
ただ、ここで踏ん張れたのはやはり収穫といっていいかもしれない。

サイドに突破力のある選手がいる相手だと
やはりワグネルと橋本の連携が課題になってくる印象はある。
橋本が石川の突破を止められるようになってから
柏の守備も落ち着いてくるようになってきたのではないか。

そして一発で試合の流れを持ってくるだけの選手が
柏には存在する。

ジョルジワグネルのスーパーミドルが
糸を引くような弾道で東京のゴールに吸い込まれた。
これはもう完全に個人技を褒めるしかないだろう。
お見事の一言だった。

そしてこの辺から、柏の守備が機能し始める。
FC東京のプレスが少し緩んだのもあって
ボールをつなげるようになりチャンスも作れ始めた。

PKのシーンはこちらのサイドからははっきりと確認できなかったけれど
いい時間帯に2点目を取って後半を迎えられた。
(録画で見ると妥当な判定には思えた)

はっきり言えば、後半に3点目を取れるチャンスが何度もあったし
そこで取りきっておけばもっと楽な展開に持ち込めたはずだ。

田中順也は右足でもシュートを打つという姿勢を見せて欲しかった。
ロボと澤を投入してからは更にチャンスがあったように思うけれど
シュートが決まらないうちに東京に1点返されてしまう。

谷澤のシミュレーションのシーンは分からなかったけれど
菅野のセーブが無ければ追いつかれていたかもしれない。

とはいえ、こういう出来でもきちんと試合を締めて
勝ちを取れるようになってきたというのは
やはりチームとして成熟しつつある証拠だろう。

勝って3000万の賞金を得たのは何よりの収穫だった。
負けても2000万だけど、勝つほうがいいに決まっている。

IMG_2287_org.jpg

IMG_2285_org.jpg

IMG_2291_org.jpg

ロボはかなりやれそうなイメージ。
とにかくチャンスによく絡む。
レアンドロとワグネルは今年も活躍してくれるだろう。

不満が残ったのは守備陣か。

増嶋は不容易なパスミスもあったし
少し出来が悪かったように思ったが
ルーカスを完全に封じた辺りはさすがと言えばさすが。

酒井も完全にボールウォッチャーになってしまって
決定的なシーンを作られたし
攻撃でも右サイドを警戒されていて
そこまで決定的なクロスを上げることもできなかったが
仕上がり具合は上々だと見ていいだろう。

中盤での大谷の奮闘がなければもっと厳しかったかもしれない。
この辺は大谷の危機察知力が存分に発揮されていた。
栗澤が復帰してくればセカンドボールももう少し拾えるようになるだろう。

茨田が悪かったとは思わないけれど
仕上がりは遅れているような気はする。
もう少しいいパスを供給してやって欲しいなとは思う。

ともあれ大きな故障者も出ずにACL初戦を迎えられたのは
非常に大きいと言っていいはず。
コンディションについては今がピークなはずがないので
これからどんどん上がってくると確信している。

いよいよ本番。
前年度の王者だからといって油断などないはずだが
慢心することなく、ひとつずつ戦っていって欲しい。

そういえば、前座の試合で柏のユースから秋野、中川、中村の3人が出ていた。
来季あたりは昇格してくるかもしれないので楽しみにしているけれど
試合で目立っていたのは神戸ユースの岩波という選手と
広島ユースの野津田という選手。

ユースの試合はわりと気楽な感じで見られるので
こういった原石を見つけるのは結構楽しい。
いつかトップで活躍して欲しいなと思う。

今年もまずは残留、そして賞金圏内、ACL圏内、優勝争いと
少しずつステップアップしていってくれると嬉しい。
ACLを勝ってくれたりするとなおいいかも。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。