スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2011 Jリーグdiv.1 第四節 柏レイソルvsサンフレッチェ広島

2011.07.14 10:15  Football

北嶋の特集をTVで観た。
胸が熱くなる話ばかりで
改めて北嶋のレイソルにおける存在の大きさを感じた。

IMG_1563_org.jpg

彼の背中を見ることで
若い田中や工藤が育っていって欲しいと切に願いながら
この日の試合を迎えた。

相手は広島。
J屈指の攻撃力を持つチームだ。

平日のアウェイだから、それほどサポーターは多くなかったけれど
平日のナイトゲームに広島から駆けつける熱意には
正直頭が下がる思いはある。

IMG_1554_org.jpg

遠征が多く移動距離が長い。
野球でもそうだけれど
地方クラブにはそういうハンデもあるわけだ。

それでも彼らのやっているサッカーの質が高いことは周知といっていい。
アクションサッカーを標榜するガンバやセレッソに大敗している柏にとって
守備陣をどれだけ立て直せたか、を知るためには格好の相手でもある。

IMG_1555_org.jpg

移籍していった李はいるけれど
個人的には特に感傷は無い。
本人にとっていい移籍になったのであれば
それをとやかくいうことはできない。

そうは言っても、やはり李には決められたくないなとは思っていたのだが。

試合はいきなりミスから失点した。
増嶋と菅野の連携ミスなのか、菅野の油断なのか
パッと見た限りでは分からないけれど
ミスを見逃さずに最後まで全力で追いかけていた佐藤はさすがだろう。

体格に恵まれた選手ではないけれど
動き出しの質、クロスへの反応、トラップとどれも極上。
佐藤のプレーには最後までひやひやさせられた。

工藤あたりにはあれを目指して欲しいなと思う。
さすがに代表クラスだけはある。
数的不利とか関係なく点を取れるFWがいるというのは
チームにとってかなり大きいはずだ。

取られてはいけない時間帯に取られてはいけない選手に取られたわけだけれど
取って欲しい時間帯に取って欲しい選手が取ってくれた。
ワグネルがいなくてもレアンドロのFKから見事に同点。

レアンドロがいるとやはり攻撃の鋭さが違う。

IMG_1566_org.jpg

彼を中心にきちんとパスをつないだからこそ
あの位置でファウルをもらえる展開になったわけで
柏の武器のひとつである直接FKから
早い段階で追いつけたのは大きかった。

広島はバックラインからパスをつないでくるイメージだったけれど
思ったよりもダイレクトにロングボールを蹴ってくることも多かった。

柏のスタイルとかみ合っていたのか、
中盤に比較的大きなスペースがあり
レアンドロや大谷、澤あたりがそこをうまく使ってチャンスを作れていたように思う。

北嶋のゴールは相手のクリアミスからだけれど
それが最後に北嶋の前にこぼれてくるのは好調の証なのだろうか。
でも相手GKの西川にはイエローがあってしかるべきだったように思う。

とはいえ、勝ち越してからの広島の反撃はさすがの迫力だった。
ボールを支配し、サイドからパスを回して再三チャンスを作られた。
特にミキッチにはショートコーナーからも何度もいいボールを入れられていた。

日程的に1日試合間隔が短い上に、長距離移動をしている分
後半に足が止まって少しずつ精度を落としていった部分はあるだろう。
万全の状態であれば、どう転ぶか分からなかったとつくづく感じた。

シュートは両チームあわせて実に40本。
守備組織が破綻したというわけではないから
やはりスタイルがかみ合った部分はあるのかもしれない。

押し込まれる時間を耐えられたのは
やはり大谷栗澤のボランチ2人と最終ラインの奮闘が大きいし
澤や交代で出てきた兵働の動きも効果的だったと思う。
彼らの戦術理解度、運動量はチームにとって実に大きい。

菅野のビッグセーブも大きかったし
増嶋からはミスを取り返す気概のようなものを感じた。

そして最後に工藤が決めた。
その前に決めておいてくれと思うような決定機があったけれど
それでも15分足らずの出場時間で得点チャンスをものにするのだから
これは誉めてやっていいのではないかと思う。

IMG_1564_org.jpg

北嶋のコンディションが心配なだけに
工藤の覚醒があれば本当に心強い。

難敵広島に快勝して、次の川崎戦に臨めるのは
チームのムード的にもかなりいいものがあるだろう。
なんといっても川崎もその攻撃力に特徴があるチームだ。
この日以上に身体を張って、破綻しない守備組織を構築して欲しい。

その守備組織に置いても、前半やられた佐藤をどう抑えるか
最終ラインでのボール回しにどうプレスをかけるか、
そういった点を後半からきちんと修正してきたネルシーニョもさすがだろう。
後半は佐藤には効果的な仕事をさせなかった。

そのうち落ちると言われたって構わないのだ。
行けるところまで行ってしまえ。
何なら最終節まで行っちゃってもいいんだから。

とか言いつつも実際には

あと勝ち点9取れば大体残留は確実だ、

なんてまだ思ったりしちゃうんだけど。

IMG_1559_org.jpg

最後に。
村上、新潟で頑張れ。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。