スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2011 ヤマザキナビスコ杯1回戦1st leg 柏レイソルvsベガルタ仙台

2011.06.06 21:53  Football

サポーターというのは何を応援するのだろうか。

クラブに在籍する選手を応援するという人もいるだろうけれど
基本的にはクラブという言ってみれば抽象的な存在を
我々は応援しているということになる。

クラブに在籍する選手、スタッフが
その抽象的な存在の中で行う活動を
サポーターは応援しているのだろう。

エンブレムやクラブカラーというのは
その象徴であるからこそ
汚すべからざるものになりうる。

この日、日立台に訪れた
数百人の仙台サポーターにとって
ベガルタというクラブが象徴するものは
決して小さくないだろう。

IMG_1443_org.jpg

IMG_1437_org.jpg

中断明けの試合で書いたように
僕らでさえ、柏レイソルの試合を見ることで救われた思いがするのだ。

被災地の彼らにとって
ベガルタというクラブとともに戦う1試合1試合が
本当に貴重な時間であることは
容易に想像できることだ。

IMG_1446_org.jpg

クラブという抽象的存在の元に団結し戦うという点で
今の仙台は本当に強いチームだと言って良い。

もちろんそれだけではない。

梁 勇基を中心とした攻撃陣は
運動量も豊富だし本当に献身的な動きをするし
守備陣も大きな綻びをまず見せない。

首位を走るレイソルだけれど
2位につけている彼らとどう戦うか、
非常に興味深い一戦だった。

試合自体は膠着した状態が長く続き
一瞬の隙をつかれて失点し柏は敗れた。
率直に言って完敗だと思う。

IMG_1447_org.jpg

チャンスらしいチャンスも
レアンドロのバー直撃のシュートと
ワグネルのミドルくらいだっただろうか。

堅守と呼ばれているのは伊達ではないチームだった。

それは審判の判定云々とは全く別の話であり
2nd legで逆転を目指すという難しいタスクを背負うことになったわけで
7月にリーグ戦も合わせて3試合彼らと戦うというのは
なかなかハードなものになるだろう。

負傷で交代した近藤の状態が気になるが
代わりに出てきた安はまずまずの動きだったので
一週間あれば何とかなるかもしれないとは思う。
CBよりはボランチの方が適性はありそうだけれど
まず守備から、という点で言えばそれほど大きな問題にはなるまい。
ビルドアップについては今日のように大谷あたりが絡んでいくことになるだろう。

IMG_1449_org.jpg

けれど代表での戦いもあるわけだから
安が使えるかどうかは微妙だし
この日は五輪代表の試合に出た酒井も
後半はやや足が止まっていたこともある。

こういうときこそ、控えに回っていた選手は
奮起して欲しいなと心より願う。

負けた試合を振り返るのは
あまり心地よくはないものなので
来週は横浜で何とか勝ち点を手にしたい。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。