FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

海外サッカー雑感

2011.05.25 21:47  Football

欧州各国のリーグが終わった。
僕がダイジェストも含めて観ていたのは
プレミア・リーグ、ブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラで
プレミアはBBCがやっている「Match of the Day」もほとんど観ていた。
逆にセリエAはダイジェストもほとんど観なかった。

それは何でかって言うと
セリエの試合はレベルはともかく盛り上がりが伝わってこない。
ほとんど陸上トラック付きのスタジアムで
臨場感みたいなものがあまり味わえない。

それがサッカーの試合に必要なのかと言われれば
実際のところはそうでもないんだろうけど
何となく観ようという気にはならなかった。

専用スタジアムにできないのは
財政的な問題が一番大きいんだろうけど
たぶん、セリエのサポーターが
今一番フーリガンに近いからなんじゃないかなとも思っている。

まぁそれはどうでもいいんだけど。

<プレミア・リーグ>

マンチェスター・Uが優勝してチェルシーが2位。
マンチェスター・Cが3位になって
アーセナルは結局4位だった。

アーセナルが失速するのは
良く指摘されていることだろうけど
リーダーになれるベテランの不在が大きいんだろう。

調子のいいときは若い選手は勢いに乗ってどんどんいける。
でも調子を落としたときにそこで踏みとどまるためには
チーム全体を鼓舞し引っ張っていける選手が必要なんじゃないかと思う。

もちろんそういう選手はサラリーが高いから
高額でオファーが来れば引き止めない方針というのは理解できる。
エミレーツスタジアムの建設費用が大きくのしかかるアーセナルにとって
移籍金収入は大きな収入源だろう。

だから、おそらくセスク・ファブレガスも出す。
バルセロナがどれくらいのオファーを出すのか分からないし
もしかしたらバルサはオファー出さないかもしれないけど。

そういう意味ではアーセナルにはレジェンドになり得る存在がいない。
それでも毎年のように優勝に絡むチームを作り上げるヴェンゲル監督の手腕は
やはり評価に値するとは思う。

エミレーツの建設費用の償却がある程度目鼻がついたら
財政的にチームの核になれるベテランを残せるだろうし
そうなった時が本当にビッグイヤーも含めて狙える時なんだろう。

ただしヴェンゲルがその時まで健在かどうかは分からない。
ヴェンゲルはすでにかなりの長期政権だし
アレックス・ファーガソンみたいなバイタリティある人なんて
そんなに多くはいないはずだ。

チェルシーとマンチェスター・Cは僕にとっては似たようなイメージのチーム。
資金的に豊かでいい選手が揃っているんだけど
それをまとめ上げるだけの監督がいない。

マンチェスター・Cといえども
200億と言われるC・ロナウドの移籍金はそうそう用意できないだろうが
もしかしたら用意するかもしれない。

ロナウドのピークはこの2年くらいだろうし
プレミアで通用するかどうかで言えばもちろん通用するのは分かっている。
ただ、マンチェスター・Cに必要なのはロナウドなのかといえばそれは疑問。

優勝したマンチェスター・Uは主力の高齢化がずっと懸案事項だったんだけど
この1年に限って言えば問題にはならなかった。

ファン・デル・サールは間違いなくまだまだトップクラスのGKだけど
残念ながら引退してしまうようだ。
ビッグイヤーを花道にできるだろうか。

ライアン・ギグスも37とは思えないパフォーマンスだけど
幾つまでやるつもりなんだろう。

降格組で印象に残っているのはブラック・プール。
昇格1年での降格だったんだけど
攻撃に関してはとても面白いチームだった。

サポーターも常に熱く暖かい声援を送っていて
こじんまりとしたスタジアムなんだけど
とてもいい雰囲気だった。

また戻ってきてくれるといいなと思う。

<ブンデス・リーガ>

優勝したのはドルトムント。
香川は来年シーズンを通して活躍できるかどうか。

平均の観客動員が7万人という驚愕の数字。
ここのゴール裏は本当に凄い。

クラブの財政にとって
入場料収入というのは
そこまで大きな要因ではないんだろうけど
黄色の巨大な壁が蠢くような感じがして
同じ黄色をチームカラーとする柏のサポにとっては
文字通り見本と言っていいかもしれない。

ゴール裏だけで2万入るスタジアムは
さすがに柏には作れないだろうけど。

バイエルン・ミュンヘンは期待された割には振るわなかった。
優勝したドルトムントはもちろん
レバークーゼンにも及ばない3位はこの規模のクラブにとっては負けだろう。

リベリ、ロッベンの両翼は魅力的だけど
ほとんど揃うことがなかった。
正直もう少し稼動してくれよと思う。

そういえばシャルケからノイアーを獲得するのだろうか。
個人的にノイアーは今現在世界1,2位を争うGKだと思うので
実現したら効果的な補強だろう。

降格組で印象に残っているのはザンクトパウリ。

ここは歓楽街にスタジアムがあるせいか
サポーターが非常に個性的なんだけど
監督もなかなかユニークな人で
いつもジーンズで指揮を取っていた。

監督ってスーツかチームジャージが圧倒的多数だと思うんだけどね。

その他の日本人選手については特になし。
それぞれ頑張ってくれればいいと思う。
いつか柏の選手がブンデスに移ったら、そこを応援しようと思うくらいかな。

<リーガ・エスパニョーラ>

このリーグは2強が完全に抜けていて
正直言ってコンペティションとしてはぜんぜん面白くない。

しかもその2強の直接対決が
勝敗だけにこだわってしまうから余計つまらない。
多分来年は見ないと思う。

シーズン終盤に4戦あったクラシコは酷かった。

当たってもいないのに顔を押さえて転げ回ったり
笛が鳴るたびに審判に詰め寄ったりする選手を見るのは
サポーター以外はちっとも面白いとは思わない。

どちらかのサポーターであれば
勝つことで溜飲を下げられるだろうけど。

降格組で驚いたのはデポルティーボ・ラコルーニャの降格。
最近強くなったチームでもあっという間に落ちるんだと思うと
なんというか、他人事じゃないなと感じさせられた。

チャンピオンズ・リーグの決勝は
バルセロナとマンチェスター・U。

今まではバルセロナのポゼッションサッカーは凄いと思っていたし
実際あれだけパスをつなげられるのはバルセロナだけだろうけど
クラシコの振る舞いが酷かったので今回はマンチェスターを応援しようと思う。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。