スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2013 Jリーグdiv.1 第十節 柏レイソルvs横浜Fマリノス

2013.05.07 10:00  Football

ACLは日本勢唯一のGL突破を決めた柏だが
リーグ戦は逆に勝ち点を伸ばせない状態が続いている。
特に失点の多さが目に付くのが
降格チームのひとつのパターンなだけに気にかかる。

まさか降格するとは思ってはいないが
ホームで連敗するようだと残留争いを視野に入れた戦いになってくるかもしれない。

この日の相手はスタートダッシュを決めた横浜。

中村俊輔が好調をキープし
それに持ち前の堅守が合わさったチーム状態は
なかなかこちらが勝つイメージを持てない。
昨年ゴラッソを決められた斉藤が欠場なのが救いと言えば救い。

一方の柏はレアンドロが故障で欠場。
澤、橋本もまだしばらくかかるのだろうか。
不安は大きいけれどワグネルがコンディションを上げつつあるのと
狩野が復帰してくるのは好材料。

試合はいきなりそのワグネルのクロスで先制した。

これはクロスが素晴らしい質だったけれど
きちんと決めたクレオもさすが。
オフサイドに引っかかったかとも思っていたけれど
放送を見直す限りオフサイドとは言えないと思う。

onoroff.jpg

何よりもクレオとワグネルの状態が上向きなのは非常に大きい。
コンディション、戦術面での上積みはかなり期待できるだろう。

176794981_624.jpg

176794976_624.jpg


立ち上がりに不安を抱える柏にとって
早々の先制点は大きかったはず。

前半のうちに同点に追いつかれたとは言え
この日はセカンドボールの出足も早かったし
球際の激しさも十分あった。

これはレフェリングの傾向もうまくマッチしたようには思った。
この日のジャッジはハードなコンタクトでも簡単には笛を吹かずに進めていて
それが両チームのアグレッシブな姿勢に結びついたようには思う。

がしかし、前半終了間際の菅野の怪我には正直冷やりとした。
相手のFWを責めるのは酷だとも思うが
他会場でGKとFWの交錯事故もあっただけに
GKについてはヘッドギアの着用などを考えるべきかもしれない。

後半の勝ち越しゴールは工藤の成長を褒めるべきだろう。
あの体勢からニアにミドルを打つには腰の回転や筋力が相当必要であり
彼の鍛錬や成長を如実に物語っている。
代表の声も強くなってきてもおかしくない。

後半終了前から横浜の猛攻が続いたけれど
途中交代で入った稲田を中心に良く守った。
稲田はバックパスの処理は若干覚束なかったように見えたが
良く無失点で抑えてくれた。

176794968_624.jpg


レアンドロの穴を埋めた狩野も90分出られたのは大きな収穫だし
ワグネルはここからどんどんコンディションを上げてくるように思う。
横浜の高さを跳ね返し続けた近藤、渡部のCBに増嶋も
最後まで体を張っていて勝利に貢献してくれた。

横浜に斉藤と言うドリブルで切りこめるカードが無かったことも
ハイボールに的を絞った守備をできただろうし
日程的に試合を1試合飛ばしているアドバンテージもあっただろうか。
ACLに出ていて日程面で優位になるのは珍しいだけにこれはラッキーだった。

体調が万全でない栗澤、足を攣らせた藤田も
大事には至っていないようでこれも一安心。

何にしても横浜の猛攻をチーム全体で凌いだというのは
この先を戦う上で本当に大きいと思う。

相性というのもあるのかもしれないとか言い出すと
来週の磐田戦の相性の悪さを思い起こして憂鬱になるけれど
あちらもチーム状態は決して良くは無いわけで
何とか乗り越えてもらいたいところだ。

ゴール裏は立つべきかどうかで論争のようなものもあるようだけれど
中心部はさすがに立つべきだろうというコンセンサスはあってもいいと思うし
逆に両端については強制はしないというスタンスであるべきだろうとも思う。

176794960_624.jpg

この日来ていたアウェイゴール裏の横浜サポーターを見ると
ゴール裏の大部分で立って飛び跳ねているわけで
柏のゴール裏がああなれるためには
まだまだ努力も必要だし、それが強制されてはいけないと思う。
自然と立つコンセンサス作りに期待したい。

176794949_624.jpg

アウェイゴール裏まで出かけるようなサポーターは
基本的にその辺りは共有できているだろうが
ホームとなると決してそうではないライト層も来るわけで
どう取り込んでいくかをコアサポーターには考えて欲しい。

少なくとも、山猿じゃないんだから
フェンスによじ登ったりするのはやめるべきだろうし
悪乗りに近い応援スタイルも控えていくほうがいいんじゃないかと思っている。
立って応援しようというスタイルに共感してもらうためには
自分たちの応援スタイルについても自律は必要だろう。

ドルトムントのゴール裏のようにいつかなれるといいなぁ。

スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。