スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2013 Jリーグdiv.1 第一節 柏レイソルvs大分トリニータ

2013.03.31 10:07  Football

仙台戦から2週間。
ナビスコや代表戦のおかげで
故障者が多い柏にとって貴重な回復や修正の期間となった。

この日の相手は昇格組の大分。
地方のクラブにとって、遠征は楽ではないだろうけれど、
15時開始ということで、日帰りが可能なのもあるのだろうか
思ったよりも入っていたように見えた。

173316160_624.jpg

実力伯仲のJリーグだから楽な相手など一つもないけれど
それでも優勝を狙うというのであれば
やはり勝たなければならない相手ではあるだろう。

ワグネルが復帰してくるかと思ったけれど
この日は大事をとったのかベンチスタート。
ボランチに谷口ではなく、栗澤を入れてきた。

といっても、大谷栗澤のコンビはコンビネーションという点においては
何の心配もいらないレベルにあるはずなので
守備の安定という面では効果的なのではないかと思う。

FWには田中と工藤。

工藤はともかくとして、田中はここで結果を出さないようだと
ポジションを完全に失ってしまいかねない危機感はあるだろう。

SBは右にキムチャンス、左に藤田。
山中はどうやら怪我らしいけれど
正直に言って、仙台戦で良かった藤田を左に回すという意味では
不安は大きいわけだし、このポジションに怪我人が多いのが痛い。

がしかし、試合の入り方は悪くなかったように思う。

大分のパスを網にかけるという点で
大谷、栗澤の二人は終始安定していたし
ハイボールを高松に当ててくるケースでは
近藤、増嶋がそうそう競り負けることはなかった。

何と言っても、この日は藤田の左SBが素晴らしかった。

先制点につながるボール奪取も、
勝ち越し点を生んだクロスもどちらも藤田。
右でも左でも質の高いクロスを供給してくれるというのが素晴らしい。
昨年までの出来とはまるで別人。

173316186_624.jpg


右で使われていたキムがまだまだの出来で
後半になると、大分にそこを狙われるようになる。

同点に追いつかれるシュートもそうだったけれど
右を崩されるシーンが目立ってくる。
あれだけ1対1で振り切られると厳しいが
コンディションもまだまだなのだろうから
今後に期待したい。

ともあれ、押し込まれる時間帯を
ポストやシュートミスもあって同点で凌げたのは大きい。
ここで勝ち越されていたらどうなっていたかわからない。

田中の勝ち越しはクロスも良かったけれど
ニアに走り込んでくる動きも素晴らしかった。

そしてその後は大分の攻撃を封じるべく
鈴木大輔を入れて3バック。
こういう使い分けができるようになってくると
戦い方にも安定感が出てくるだろうと思う。

ただ、ばてて走れなくなっていた狩野を最後まで引っ張ったのは
何か意図があったのだろうか。
90分やりきらせることで、自信につながるというのはあるのかもしれないが。
ともあれ狩野自身も充実感のある表情を見せていて
いい選手が来てくれたと本当に思う。

173316198_624.jpg


工藤の2点目も決して小さくはない。
得失点差は決して軽視すべきではない。

ともあれ、ここからタイトな日程が続く中、
勝利でスタートできたのは何よりだった。

次はアウェイの韓国。
ここで勝つとACLのグループリーグはかなり楽になる。
日程的に休ませられるようになるという面でも大きい。

一戦必勝。頑張って欲しい。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。