スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

Go to Asia

2013.01.02 19:33  Football

実を言うと、天皇杯の4回戦あたりから
ウォーはミングアップに出てくる選手に向かって送られる

「ACL!ACL!」

という声援が少し気になっていた。

目標として掲げることは当然であっても、
一戦一戦勝ちあがっていかなければそこには到達できないし
あまりに早い「優勝のご褒美」を口にしてしまうのは
却って目標を曖昧にしてしまうのではと思ったからだ。

がしかし、新年最初の決戦の国立競技場に辿り着いたことで、
僕のその危惧は単なる杞憂に終わった。
ネルシーニョが繰り返し唱え続けてきた「Vitoria」の精神は
選手にもスタッフにも見事に浸透し、決してぶれることなく目標に向かう姿勢となって
この日を迎えることになったわけだ。

相手は奇しくも4年前と同じガンバ。
降格してしまうことが信じられないくらいの出来でここまで勝ち上がってきた。

一年間CBで起用してきた今野をボランチに上げ遠藤をトップ下に上げたことで
もともと持っているパスワークが生きるようになっただけでなく、
今野と明神という守備力に優れたボランチは、失点のリスクも確実に減らした。

この戦い方を最初からしていたら降格することにならなかっただろうし
自分たちの力量を見せつけるべく、高いモチベーションで臨んでくることも予想できた。

一方の柏は今や完全にエースFWとなった工藤と守備の要の近藤を欠く布陣。
レアンドロと橋本、茨田こそ戻ってくるもののベストメンバーとは到底言えない。

注目された先発は近藤のところにそのまま渡部を入れて
1トップに澤、トップ下に水野を起用するサプライズ。
水野本人のモチベーションも高かっただろうし、その起用も頷けるものだったが
熟成度という意味では若干不安があったのも事実だろう。

試合は開始直後こそ悪くなかったが
やはり徐々にガンバにペースを握られる。

菅野を初めとして良く守ってはいたけれど
前半30分までに何度も決定的なシーンを作られた。
失点も時間の問題かとさえ思われた。

がしかし、さすがに、と言うべきだろう。
百戦錬磨のネルシーニョがすぐに動く。
いつも思うけれど、この指揮官の決断と思い切りは本当にすごい。

前半30分で選手を代えるというのは
ある意味においては起用やゲームプランの失敗を認めることに等しいわけで
ややもすればずるずると引っ張って傷口を広げかねない。

そこをダメだと判断したら即座に修正する、
あるいは選手を代えて修正を図る。
その眼力と決断力こそ真骨頂だろうと思う。

水野と田中を代えて澤をトップ下に下げ田中の1トップに変えたことで
守備が一気に向上する。ハマった、と言っていい。

もちろんこれには澤という戦術理解度の高い選手がいるからこそだし
修正の指示に従って1トップを務めあげた田中も良くやったと言えるだろう。

がしかし、この日もっとも称賛されるべきは
やはり急造の最終ラインを最後まで死守したDF陣だろう。

決勝点を決めた渡部は守備においても立派な出来だった。
もともと高さを生かしたハイボールの競り合いに長所を持っている選手だったけれど
ガンバのパスワークに振り回されることなく、レアンドロを抑え切った。
増嶋と並んで実に安定していたと言っていい。

そして柏レイソルになってから初の天皇杯制覇。

1試合戦うだけで最低2000万の賞金が出るゼロックススーパーカップも大きいし
何といっても今年もACLに出られることになった。

昨年から引き続いての出場は柏だけだから
これは立派な実績だと言っていいはずだ。

何といってもすばらしいのは
リーグが終わってからずっとこのACL出場を目標に掲げてきた柏が
きちんとその目標を達成したことだろう。
おそらくどこのクラブよりもその目標に真剣に取り組んできたはずだ。

賞金はそれほど大きくは無いし、移動や調整の負担も大きい。
がしかし、それを上回るだけの経験が手に入る。

グループリーグの相手はセントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア)、
貴州人和(中国)、水原ブルーウィング(韓国)。
リーグ王者が揃った昨年と違い、比較的戦いやすいようには思う。

まずグループリーグを突破してタイトル争いに加わってほしい。
柏が強豪クラブとして認知されるためには
もっともっと勝っていかなくてはならないのだから。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。