スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝 横浜Fマリノスvs柏レイソル

2012.12.29 22:14  Football

柏レイソルがJリーグのクラブの中で
強豪クラブとして確固たる地位を築いていくためには
まず何と言っても実績が必要だ。

一発勝負のカップ戦はもちろんのこと
リーグ戦を一度制覇しただけでは当然足りない。
単年度だけ成績が良くても足りない。

リーグ戦であれば常に優勝を争う位置で終えること、
具体的に言えばACL圏内にいることだろうし
カップ戦で言えば決勝に残って初めて評価に値すると思う。

そしてその上で、何度か獲得しなければならないわけだ。

そういう意味では、今期、
リーグ戦のディフェンディングチャンピョンとして臨んだリーグで6位、
ナビスコ杯ではベスト4というのは降格に怯えてきたチームとしてはともかく
強豪を目指すクラブとしてはいささか物足りない。

一つくらいはタイトルを獲りたいし
できることならACLにもう一度出たい。
それを何年か継続していってようやく強豪クラブの端くれと言えるだろう。

その最後のチャンスが天皇杯だ。

準決勝の相手は横浜F。
特に創造性に富んだ試合をするわけでもないし
攻守の連動性にも欠ける試合をすることも多いけれど
肝心のところできっちりと勝って来るだけのタレントを揃えている印象だ。

負けにくいチームの一つと言っていい。
こういうカップ戦ではそういうしぶといチームが勝ち進みやすいだろう。

柏はレアンドロがこの日まで出場停止だけでなく
橋本、茨田までも累積で欠く布陣。
茨田のところには栗澤を入れれば何とかなるけれど
左SBに誰を使うかは頭の痛いところだろう。

ネルシーニョの選択は何と山中だった。

もともとは左のSHの選手であり、SBの経験はほとんど無い。
というか左SHでさえほとんど試合に出たことがないわけで
この辺りは外国人監督は非常に思い切り良く若手を起用してくる。

結果はどうあれ、山中にとっては得がたい経験になるだろう。
そう思いながら試合を観ていた。

がしかし、それは良い意味で裏切られた。

最初の方こそやや動きが堅かったけれど
徐々に試合に馴染んでくるにつれ、積極的なプレーを随所に見せた。

柏の戦術において、SBの果たす役割は非常に大きく
どちらかのサイドが劣勢だと反対のサイドに的を絞られてしまうことで
両翼を失って手詰まりになる、
といってボランチを絡めた中央突破も大谷と栗澤では心もとない、
それが柏にとっての一番不出来なパターンになる。

那須と水野、澤を絡めた右サイドが比較的機能しているけれど
左サイドが機能しなければ相手は右だけケアすればいいことになるということだ。

がしかし、山中が随所にいい攻め上がりといい守備を見せたことで
逆にもともと優位に立てていた右サイドが生きるようになっただけでなく
横浜の右(柏にとっての左サイド)を押し込めるようになった。

更に、横浜のCBの中澤、栗原は高さはあるけれどフィード精度が良くなく
GKの飯倉からのフィードがこの日全く精細を欠いたせいで
横浜の攻め手を一気に封じる事に成功するようになった。

となれば柏のペースで試合が進み、
サイドから崩して工藤が先制ゴールを奪う展開になったのは
もちろん当然の帰結とまでは言えないまでも
ゲームプランの範囲内であったことは間違いないだろう。

後半になって横浜が前目の選手を入れてきたことで
さすがに押し込まれるシーンも目立つようになったけれど
最後まで良く体を張って守っていたと思う。

中村俊輔のミドルには肝を冷やしたけれど
何とか逃げ切って決勝進出。

相手は前回決勝進出した時と同じガンバ大阪。
J2降格が信じられない相手だ。

レアンドロ、茨田、橋本が戻ってくるけれど
工藤が不可解なイエローで出場停止な上に
近藤が負傷でほぼ無理とのこと。

となると最終ラインからのビルドアップに大きな不安を残しての戦いになる。

おそらく茨田をボランチで使って組み立てに参加させることになるだろうけれど
近藤の穴に誰を使うか。

那須をCBで使うとなると右SBで誰を使うかの問題が生じるわけで
おそらく渡部をそのままCBで起用するのではないだろうか。

がしかし、そんなことはサポーターには関係が無い。
それは監督が決めるべきことであって
出てきた選手を気分的に乗せて試合に入れるようにするために
声を枯らし手を叩いて応援するのが我々サポーターの唯一にして最大の仕事だ。

ここまで来たからには絶対に勝ちたい。

以前の柏とガンバの関係ではもうないことを
天皇杯決勝の舞台で全国に知らしめてやってくれ。



スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。