スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2012 Jリーグdiv.1 第三十節 柏レイソルvs大宮アルディージャ

2012.10.28 12:25  Football

前節、首位広島に劇的な勝利を収めて4位に浮上した柏。
今期、上位との対決で悉く星を落としてきたにもかかわらず
この時期にまだ少なくともACL圏内を狙える位置にいるというのは
幸運だと言う他にない。

3位浦和との勝ち点差は3だし得失点差もこちらが上だから
勝ち負けでひっくり返る。

怪我人が多く満足なメンバーとは言えないけれど
それでも必勝体制で最後の5試合に臨むべきだろう。

この日の相手は今年も残留を争う位置にいる大宮。
恵まれた資金力を持ちながらなぜ毎年この位置にいるのか、
率直に言って不思議でならないが
残留がかかってくると俄然強さを増すチームなだけに
当然侮ってかかれる相手ではない。

近距離のアウェイにも関わらず
アウェイ席の売上はあまり伸びないのも不思議だけれど
それでも12000余りの動員になった。

柏の先発には右のSBにはクォン・ハンジン。
これは前節のゴールも評価してのことだろうか。
がしかし、橋本が故障との話で、左のSBには福井を起用。

レアンドロ、近藤、栗澤に続いて橋本も離脱ということになると
はっきり言ってしまえば戦力ダウンであろう。
ともあれ、出ているメンバーの奮起を期待するしかない。

そう思いながら見た試合は
残念ながら極めて不出来なものだった。

というよりも、今期の試合の中で
最も収穫に乏しい試合だったと言わざるを得ない。

先制を許したハンジンのプレーはもちろんミスだろう。
収まりの悪さを試合開始直後から狙われていたように見えたが
その相手の狙い通りにミスを犯してしまった。

そして後半、ネットと水野をいきなり入れたネルシーニョの采配も
この日は裏目に出たと言わざるを得ない。

ネルシーニョ本人が自分自身を敗因に挙げるのも珍しいけれど
ワグネルを左SBに下げて、澤を替えてしまったことで
攻め手が一気に乏しくなっただけでなく
守備のバランスまでも崩してしまった。

前がかりになってバランスを崩しカウンターを食らう、
2、3点目は高い位置でボールを奪われるミスによるものだし
4点目は典型的なカウンターとも言える失点。

そこまで慌てなくてもと正直思うのだけれど
気持ちだけが急いて、体がついていかない選手を見ていると
歯がゆいやら情けないやらでいたたまれない気持ちにはなる。

自滅に近い惨敗だと思う。

ネットの得点などおまけのようなものだろうが
それでも1点返したのは一定の評価をしていい。
得失点が影響するのだし、浦和と同じになるか1点下になるか、だけで大きい。
得失点が並べば総得点の争いになるケースだってあるのだ。

そういう意味でも、途中交代で出てきたFWが点を取ったことは評価してやるべきだろう。
0-4で負けているところから1点を返したくらいで
あんなに喜ばれても正直困るが。

上位が軒並み引き分けに終わっていたので
勝てば一気に詰め寄れたのだけれど
試合の結果だけでなく、内容自体が
もうACLがどうのこうのとも言っていられないものだろう。

少なくとも、SBやボランチの層の薄さは露呈された。

近藤は今期のリーグ戦は絶望だろうが
レアンドロはそろそろ復帰かもしれない。
栗澤や橋本の故障のアナウンスは無いけれど
長引かないものと見ていいのだろうか。

次はガンバだ。
ここも残留争いの渦中にいるチームだし
その強力な攻撃力で勝ちに来るだろう。

今の守備陣でそれを凌ぐのはなかなか厳しいと思うが
だからといって負けていい試合ではない。
引導を渡すくらいのつもりで臨んで欲しい。

大きなミスを犯したハンジンだけれど
まだまだ成長できるはずだ。

ミスをするのはもちろん仕方がない。
経験の少ない選手だから、それは織り込み済みとも言える。

が、その後が非常に失望させるプレーぶりだった。
ガムシャラさも無く、攻撃的な姿勢もない。
仕掛けるのを躊躇した挙句にCBに戻すか、得点の臭いのまるでしないアーリーを入れる。

そうじゃないんだ、思い切ってやればいいんだ、
そう声を荒らげたくなるプレーだった。

交代で出てきたアンヨンハが
激しいタックルをファウルに取られた主審の判定に激昂してカードを貰ったが
あれはおそらくハンジンに向けた叱咤激励ではなかっただろうか。

気持ちの上で負けるんじゃない、
臆病になって戦うことを放棄するんじゃない、

そんなことを背中で語っていたように思った。
もちろんカードを貰うようなプレーを賞賛することはできないけれど。
ハンジンはまず気持ちだけは強くならないといけない。

戦う姿勢を持てない選手がピッチに立つことなど絶対に許されないのだから。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。