スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2012 Jリーグdiv.1 第二十七節 柏レイソルvs浦和レッドダイアモンズ

2012.09.30 11:02  Football

前節、鳥栖に完敗を喫し、
優勝争いからは脱落したと言われてもしょうがない状況になった。

全体としては悪い出来だったとは思えないのだけれど
押し気味の時間帯に得点できないだけでなく
ほんのちょっとしたところで失点してしまう。

ポゼッションサッカーを標榜する柏にとって
中盤省略のチームに負けるというのは
やはり悔しいものはある。

どちらのサッカーが良い悪いというのではなく
自分たちのやっていることの完成度が
まだそういった逆を志向するチームに通用しないというのが
やはり見ている我々にとっても悔しい。

がしかし、一つでも多くの勝ち点を取り
一つでも上の順位を目指すべきなのは
昨年の王者としての意地としても当然だろう。

今節の相手は低迷していたここ数年とは違い
上位を狙う浦和。

もともと選手の質としてはビッグクラブだけに高かったけれど
監督人事を含めて迷走している感があった浦和だが
今年はかつての強さを取り戻しつつある。

浦和のホームゲームでも完封されただけに
借りはきっちり返したい。

比較的涼しく、観戦には適した気候であったが
国立競技場に集まった観客は26000人あまり。

動員を期待して国立で行うホームゲームで
この人数なのであれば正直あまり意味はないのではないかとも思うが
チームの成績にもよる部分もある。

強く優勝を争える位置にいれば
もっと客は入ってくるはずだ。

スタメンは菅野が故障らしくGKに稲田、
ワグネルがベンチで水野がスタメン、
累積で出場停止の増嶋の代わりに那須がCBに入った。

表記上は4-4-2であったけれど
実際には工藤の1トップの4-2-3-1か。

浦和の3バックに対してどう対処するかが
攻守共に鍵になるだろうという感じで試合に入った。

がしかし、前半からそのシステムのミスマッチが
全く解消できずに機能しない。

浦和の永田や阿部がドリブルで持ち上がってくるのに
本来ケアすべき水野と田中がケアしきれない。

バイタル近辺まで持ち込まれてしまうと
DFは中に絞らないといけなくなる。
そうすると今度は橋本が絞って空いた左サイドに展開されて
相手の平川が攻め込んでくる。

この展開を前半は全く対応できていなかった。

CKのゴタゴタから先制したのは良かったけれど
失点はやはりこの左サイドのクロスから。

橋本の穴というよりも
せっかく起用された水野や田中が
守備面でのタスクを遂行できなかったと言っていいと思う。

柏はネルシーニョの与えたタスクに
選手が忠実に実行することで勝ってきたチームだ。
誰かがそれを怠ったり完遂できなかったりすると
とたんに破綻しかねないチームであると言ってもいい。

そして悪いことに
攻撃の中枢のレアンドロが怪我で前半のうちに交代。
となると機能していない水野も代えにくくなる。

後半開始から澤を投入したけれど
おそらくレアンドロが残っていれば水野も代えるべきだっただろう。
それくらい機能していなかった印象がある。

それでも、チャンスは何度も作れた。

投入されたワグネルと澤は非常に献身的に動き
チャンスに絡んでいたと言っていいだろう。

それでも勝ち点に届かなかったという現実がある。

工藤はチャンスに絡んでいたし
決定機も何度もあった。
そこで決めることこそがエースストライカーになる条件なのだ。

まだ若い工藤に多くを求めるのは酷かもしれないが
1トップができる若手FWは少ない。
希少価値は非常に高い。
さらなる奮起を期待したい。

ロスタイムのラストプレーで失点して負けたわけだけれど
これはGKとDFの連携ミスだろう。
正GKでない時に連携面で穴が露呈されるというのはどのチームでもあることだけれど
痛恨と言えば痛恨。

こういう負け方は心に堪える。

いずれにしても、こういった勝ち方をする浦和が
上位を争うだけのチームであることは確かだし
逆に言えば、こういう勝ち方をできないようでは
上位を争えないとも言える。

先週の広島も仙台もロスタイムに勝ち越していた。
柏もそういう戦いは昨年はできていた。

今年はやられる側になったのは残念。

それにしても浦和のサポーターの圧力は素晴らしい。
チームがいい循環になっていると
サポーターの数は心強い後押しになるだろう。

ただ、試合中、浦和の選手が傷んでいる際に
柏の選手がボールを出さず、シュートにまで持ち込んだことに対して
ブーイングやディスコールを行なっていたけれど
あれはそもそも浦和の選手のファウルというか自爆だし
この試合において、選手が傷んでいた場合、
ボールを出さずにレフェリーがプレーを止めていたのだから
レフェリーボールにしなかった以上、柏の選手がプレーを止めないのは
僕としては当然だと思った。

もちろん、逆の立場になれば文句は言うので
それ自体にあれこれ言うつもりはないのだけれど。

上位は完全に遠のいた。
レアンドロや菅野の故障の程度も気になる。
正直チームの雰囲気も良くないのではという危惧もある。

それでもまだシーズンは終わっていない。
まだまだやるべきことはある。
見せなければいけない意地もあるはずだ。

最後まで柏の目指すサッカーを見せてくれ。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。