スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2012 Jリーグdiv.1 第三節 柏レイソルvs清水エスパルス

2012.03.25 13:34  Football

ACLでようやく(といっても3試合目だけれど)
今シーズンの公式戦初勝利を挙げた柏。

次はリーグ戦での初勝利だ。
もう残留を争うようなチームではないとは思っていても
日程的にも非常にタイトな時期なだけに
やはり勝てていないと不安になる。

相手は清水。

IMG_2332_org.jpg

IMG_2334_org.jpg

アウェイのゴール裏から聞こえてくる馴染みのあるサンバのリズム。
柏の応援も個性的だけれど
清水の応援も独特の感じがあって個人的には結構好きだったりする。

もちろん負けると例の「ロコロコ~♪」をやられるので
癪には触るのだけれど。

腰痛だという田中(軽症だといいのだけれど)と工藤を入れ替えたスタメン。
工藤は期するものがあるはずだからものすごく期待していた。

試合前まで降っていた雨の影響で
ピッチはかなり滑る状況。
ボールのバウンドもかなり伸びる。

それもあってか、前半は清水に押し込まれる。

トラップする瞬間に激しくプレスをかけてきて
柏は高い位置で再三ボールを奪われた。
レアンドロに預けようとするパスはコースを切るかファウルで潰し
ワグネルや大谷に対してはトラップが大きくなったところを狙う。

そして高い位置で奪ったボールを上がっていることの多いSBの裏に流す。

この攻撃パターンに再三ピンチを招いた。
失点はセットプレーだけれど
それも橋本のサイドを崩す過程で橋本が犯したファウルから。

攻撃もワグネルが疲労からか動きが今ひとつで
レアンドロを潰されると攻め手をどうしても欠く。

レアンドロを右から真ん中に寄せて対応したように見えたけれど
それも決定機を作るまでにはいたらず。
後半にどう修正するか、が注目だった。

ネルシーニョの答えはワグネルに代えて澤。

戦術理解度、動き出しやポジショニングの上手さと言った点で
澤は交代選手の中では突出したものがある。
これによって橋本も左サイドをうまく使えるようになり
清水のプレスの足が止まったこともあって
後半は柏がかなり圧倒していたように見えた。

レアンドロがこの日は「持っていない」状態で
普段なら決めそうな決定機も外してしまって
これは今日はまずいかなと思いかけたところで
増嶋の同点ゴール。

そして一気にスタジアムのボルテージが上がる。

こうなってくると完全に押せ押せのムードだ。
日立台ならではと言っていいかもしれない。

正直増嶋が2点取るとは思っていなかったけれど。

ギリギリの勝利に近いけれど
こういう展開でも勝てるというのはとても大きい。

林が戻ってきたのも地味ながら非常に大きかった。
交代で入れられるカードに前線でポストができて体を張れる選手がいるのは
やはりとても効果がある。

審判のカード基準には不満が残る。
大前の澤へのファウルは一発レッドでもおかしくないだろうし
酒井のクレームは2枚目のイエローでもおかしくない。

きちんとコントロールできていないからこうなるんだと
観ている僕らでさえ正直感じてしまうようなジャッジだった。

それでも勝ったのだから
次の磐田戦に向けて疲労回復に努めて欲しい。
日程がタイトで大変だとは思うのだけれど。

IMG_2338_org.jpg

IMG_2339_org.jpg

そういえば。

清水の高木に挑発されたシーンがあった。
相手サポーターを挑発して何かいいことがあるのかとも思うけれど
彼がどこのチームに行こうとも、柏で試合をするときはブーイングさせてもらおう。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。