スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2012 プレシーズンマッチ・ちばぎんカップ ジェフユナイテッド市原・千葉vs柏レイソル

2012.02.26 23:15  Football

待ちに待ったサッカーシーズンの到来。
海外サッカーを見ても、代表の国際試合を見ても
どこか満ち足りない思いを抱えながら日々を送ってきた。

僕にとっては、サッカーと言えば、柏の試合が一番最初なのだ。

プレシーズンマッチとはいえ、今回で18回目を迎えるちばぎんカップ。

b14caf68f8b99c26a24c8907c7c38da8.jpg

相手はダービーとなるジェフユナイテッド。

もちろん開幕まで2週間あるし
まだコンディションは100%にはなっていないだろう。
来週が開幕のジェフの方が仕上がりは早いはずだ。

それでも、王者として迎える試合なのだ。
あまりに無様な試合をするわけにはいかないはずだし
チーム内での競争だって緩いはずも無い。

事実、この日のスタメンには
先日の代表で試合に出場した近藤と田中が起用された。
疲労度よりも仕上がりや連携を重視した起用のはずだ。
一番使える選手から使うというネルシーニョの哲学通り。

がしかし、前半の出来ははっきりと悪いものだった。

ボランチと最終ラインからいいボールが出ないし
北嶋と田中の裏への抜け出しは再三オフサイドにひっかかる。

左サイドのワグネルと橋本の連携も今ひとつだし
レアンドロと酒井のサイドは警戒されてスペースを与えてもらえない。

菅野のバックパスの処理も危ういシーンを招いたし
全体的に球際の攻防で常に後れを取ってしまうから
ジェフの前線に活発にボールを動かされチャンスを作られる。

前半を無失点で終えられたのは幸運というしかなかった。

それでも後半になって明るい材料が見える。

2トップを入れ替えてロボと工藤にしたのだけれど
これが見事に機能する。

工藤はボールを収める動きが本当に良くなったし
ロボとの相性も悪くなさそう。
ロボは守備の意識もまずまず高い上に、
コンビネーションが熟成されれば期待できそう。

実際決勝点はロボのチェイスからのこぼれを工藤が決めた。

前線の選手の競争は実に激しくなりそうだ。

課題はもちろんあるだろう。
それを見落とすネルシーニョではないので
その辺はあまり心配していない。

大きな怪我もなく試合を終えられたのも好材料。
栗澤あたりが戻ってくればさらに磐石。

相手の千葉は深井と藤田の前線はとても良く見えた。
米倉の骨折は気の毒としかいいようがないけれど
今年に賭ける意気込みのようなものも伝わってきた。

山口からのロングフィードは大きな武器になるだろうし
兵働の貢献度も高そうでいい移籍になったような気はする。

ともあれいい加減昇格してこないとダービーも盛り上がらない。

「柏には負けられない♪」

そう唄う彼らだって
きっとそう思っているはずだ。

期待するからスタジアムに来る。
この日の観客はプレシーズンマッチにも関わらず14000人を超えた。
それはやはりクラブにとって素晴らしいことだと思う。

さて来週はゼロックススーパーカップ。

勝つと負けるとでは1000万賞金が違うから
是非勝利して、ACLに臨んで欲しい。

水野のチャントはメロディラインはすごくいい。
でもアモーレ(愛、恋人)はどうなんだって思う。
そりゃまぁ愛してるけど。

工藤のチャントのエキセントリックもそうなんだけど
もう少し別の歌詞に代えてあげてもいいんじゃないのかって思ったりもする。

茨田の新しいチャントは結構好き。
ロボのも。

スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。