スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2011 Jリーグdiv.1 第二十四節 柏レイソルvs川崎フロンターレ

2011.08.29 10:01  Football

34試合のリーグ戦も残すところあと11試合。
順位を見る限り、ここまで想像以上の出来だと言っていい。

前節のガンバ戦を見る限り
J1トップレベルのチームとはまだ少し差があるのも間違いないけれど
ここまで来たらより上の順位を狙っていくのが当然だし
選手、監督ともに優勝を狙うと公言し始めたのも理解できる。

いずれにしても、ここで連敗しているようでは
上位進出が難しいのはもちろんのこと
追い上げてくる鹿島、広島あたりに飲み込まれてもおかしくない。


しかも今節の相手はアウェイで負けている川崎だ。
最近不振で連敗が続いているが
その分ここで連敗を止めようと臨んでくるのも予想できる。
もともとタイトルを狙うようなチームだし
決して楽観できないどころか、難しい相手だ。

IMG_1801_org.jpg

スタジアムは柏のサポーターも川崎のサポーターも詰め掛けて満員。
いつも思うけれど川崎のサポーターは選手に暖かい。
甘いという批判もあるのかもしれないけれど
クラブや選手に対する愛情がとてもよく伝わってくる応援スタイルだと思う。

IMG_1800_org.jpg

全て真似る必要は全くないけれど
柏のサポーターが学ぶべき点もきっとあるようには思ったりもする。

試合は前半から押し込まれた。
連敗を止めるべく積極的に攻め込む川崎に対し
セカンドボールも拾えずにポゼッションもうまくできない。

終了間際の酒井からのアーリークロスを
田中順也が合わせたシーンが唯一のチャンスだっただろうか。

それにしても酒井のアーリーは期待感にあふれている。
今、アーリーを蹴らせたらJでも有数の右SBではないだろうか。
五輪予選でも活躍を期待している。

そして後半。

前半の出来からして
ネルシーニョは修正してくるのは間違いなかったし
実際にそういう指示が出ていたようだけれど
この試合に限ってはうまく修正できていたとは言いがたい。

先制ゴールになった相手の6番のシュートも
抑えが利いた素晴らしいシュートだったけれど
桐畑は両手で触れていたわけだし、あれを決められてはダメだろう。

前半にも一つ弾き方が悪いセービングがあったが
キャッチングについてはまだ菅野とはかなり差があるように思う。
ハイボールの判断を誤ってCKを与えたのも含めて
まだまだ成長していかないといけない。

そしてジュニーニョにもゴールを奪われる。

ドリブルのキレ、当たりの強さ、シュートの正確性、
全盛期の力ではないのかもしれないけれど
これはジュニーニョをさすがと言うべきか。
劣化したなんて侮れる選手ではない。

ただ、柏の失点パターンとして
一度失点するとガクッとしてしまう傾向があるように思う。
これは若い選手が多いからなのか。

でも、もっと強い気持ちで戦えるはずだし
サポーターはそういうスピリットを求めているのだ。

そういう意味で、ハートの強い大谷を入れ
前線で動ける澤を入れてきた采配は納得の行くもの。
柏の戦いにおいてボランチの部分でのボール奪取、ポゼッションが出来るかどうかは
相手がどこであれ試合の出来を大きく左右する。

さらにスピードでジュニーニョに翻弄されていた朴に替えて
増嶋を入れた交代策も見事だと言っていい。

CBを替えるというのはかなりリスクもあるし勇気も必要だけれど
増嶋の気持ちの出し方はチームを鼓舞するのにはとても向いている。

一点差に詰め寄るゴールを決めた工藤は
J1のディフェンダーにだいぶ慣れてきたのか、
いい動き出しが垣間見えてきた。

早い時間に1点返せたことで
連敗が続く川崎の選手にプレッシャーを与えられたはずだ。

2アシストを決めた橋本も出色の出来。
課題だった守備面での進歩が攻撃にも思い切りの良さを生み出している。
突破、クロス、スルーパスと見事な活躍だった。

ドリブラーがいない柏にとって
左右のSBの突破は攻撃に不可欠だし
酒井がマークされても左が使えるとなれば
チームにいいリズムを作り出すことが出来る。

そして押せ押せの日立台のムードの中生まれた
田中順也のゴールはどちらも本当に素晴らしかった。
北嶋が負傷で欠けている今、
彼にかかる期待は本当に大きい。

IMG_1802_org.jpg

IMG_1807_org.jpg

この日の2得点で二桁に乗せてきたが
もっともっと点を取れる選手だし
そうでなくては困る。

もちろんホームのアドバンテージもきっとあったはずだ。

一点差に詰め寄ってから逆転にいたるまでの日立台は
本当に素晴らしい応援だったと思うし
最後のレッツゴー柏には胸が熱くなった。

IMG_1804_org.jpg

音響やトランペットが無くても
僕は日立台なら太鼓と手拍子、声だけで十分な応援が出来ると思っている。
あってもいいものと無くてはならないものを混同するべきではない。
柏の応援はもっともっと良くなっていくはずなんだから。

とにもかくにも勝ち点3を取れたのは大きい。
次の名古屋戦がまたしても大一番になるけれど
これもホームで戦うことが出来る。

名古屋、ガンバ、横浜FMの上位3チームが
直接対決を残していることを考えると
柏が食いついていくチャンスはまだまだある。

一戦必勝あるのみ。

*中一週間空くけれど、ユースが天皇杯1回戦を戦う。
これに勝てばユースとトップチームの公式戦だ。
せっかく空いているので栃木まで見に行こうかと思う。
スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。