スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2013 Jリーグdiv.1 第十節 柏レイソルvs横浜Fマリノス

2013.05.07 10:00  Football

ACLは日本勢唯一のGL突破を決めた柏だが
リーグ戦は逆に勝ち点を伸ばせない状態が続いている。
特に失点の多さが目に付くのが
降格チームのひとつのパターンなだけに気にかかる。

まさか降格するとは思ってはいないが
ホームで連敗するようだと残留争いを視野に入れた戦いになってくるかもしれない。

この日の相手はスタートダッシュを決めた横浜。

中村俊輔が好調をキープし
それに持ち前の堅守が合わさったチーム状態は
なかなかこちらが勝つイメージを持てない。
昨年ゴラッソを決められた斉藤が欠場なのが救いと言えば救い。

一方の柏はレアンドロが故障で欠場。
澤、橋本もまだしばらくかかるのだろうか。
不安は大きいけれどワグネルがコンディションを上げつつあるのと
狩野が復帰してくるのは好材料。

試合はいきなりそのワグネルのクロスで先制した。

これはクロスが素晴らしい質だったけれど
きちんと決めたクレオもさすが。
オフサイドに引っかかったかとも思っていたけれど
放送を見直す限りオフサイドとは言えないと思う。

onoroff.jpg

何よりもクレオとワグネルの状態が上向きなのは非常に大きい。
コンディション、戦術面での上積みはかなり期待できるだろう。

176794981_624.jpg

176794976_624.jpg


立ち上がりに不安を抱える柏にとって
早々の先制点は大きかったはず。

前半のうちに同点に追いつかれたとは言え
この日はセカンドボールの出足も早かったし
球際の激しさも十分あった。

これはレフェリングの傾向もうまくマッチしたようには思った。
この日のジャッジはハードなコンタクトでも簡単には笛を吹かずに進めていて
それが両チームのアグレッシブな姿勢に結びついたようには思う。

がしかし、前半終了間際の菅野の怪我には正直冷やりとした。
相手のFWを責めるのは酷だとも思うが
他会場でGKとFWの交錯事故もあっただけに
GKについてはヘッドギアの着用などを考えるべきかもしれない。

後半の勝ち越しゴールは工藤の成長を褒めるべきだろう。
あの体勢からニアにミドルを打つには腰の回転や筋力が相当必要であり
彼の鍛錬や成長を如実に物語っている。
代表の声も強くなってきてもおかしくない。

後半終了前から横浜の猛攻が続いたけれど
途中交代で入った稲田を中心に良く守った。
稲田はバックパスの処理は若干覚束なかったように見えたが
良く無失点で抑えてくれた。

176794968_624.jpg


レアンドロの穴を埋めた狩野も90分出られたのは大きな収穫だし
ワグネルはここからどんどんコンディションを上げてくるように思う。
横浜の高さを跳ね返し続けた近藤、渡部のCBに増嶋も
最後まで体を張っていて勝利に貢献してくれた。

横浜に斉藤と言うドリブルで切りこめるカードが無かったことも
ハイボールに的を絞った守備をできただろうし
日程的に試合を1試合飛ばしているアドバンテージもあっただろうか。
ACLに出ていて日程面で優位になるのは珍しいだけにこれはラッキーだった。

体調が万全でない栗澤、足を攣らせた藤田も
大事には至っていないようでこれも一安心。

何にしても横浜の猛攻をチーム全体で凌いだというのは
この先を戦う上で本当に大きいと思う。

相性というのもあるのかもしれないとか言い出すと
来週の磐田戦の相性の悪さを思い起こして憂鬱になるけれど
あちらもチーム状態は決して良くは無いわけで
何とか乗り越えてもらいたいところだ。

ゴール裏は立つべきかどうかで論争のようなものもあるようだけれど
中心部はさすがに立つべきだろうというコンセンサスはあってもいいと思うし
逆に両端については強制はしないというスタンスであるべきだろうとも思う。

176794960_624.jpg

この日来ていたアウェイゴール裏の横浜サポーターを見ると
ゴール裏の大部分で立って飛び跳ねているわけで
柏のゴール裏がああなれるためには
まだまだ努力も必要だし、それが強制されてはいけないと思う。
自然と立つコンセンサス作りに期待したい。

176794949_624.jpg

アウェイゴール裏まで出かけるようなサポーターは
基本的にその辺りは共有できているだろうが
ホームとなると決してそうではないライト層も来るわけで
どう取り込んでいくかをコアサポーターには考えて欲しい。

少なくとも、山猿じゃないんだから
フェンスによじ登ったりするのはやめるべきだろうし
悪乗りに近い応援スタイルも控えていくほうがいいんじゃないかと思っている。
立って応援しようというスタイルに共感してもらうためには
自分たちの応援スタイルについても自律は必要だろう。

ドルトムントのゴール裏のようにいつかなれるといいなぁ。

スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

2013 Jリーグdiv.1 第一節 柏レイソルvs大分トリニータ

2013.03.31 10:07  Football

仙台戦から2週間。
ナビスコや代表戦のおかげで
故障者が多い柏にとって貴重な回復や修正の期間となった。

この日の相手は昇格組の大分。
地方のクラブにとって、遠征は楽ではないだろうけれど、
15時開始ということで、日帰りが可能なのもあるのだろうか
思ったよりも入っていたように見えた。

173316160_624.jpg

実力伯仲のJリーグだから楽な相手など一つもないけれど
それでも優勝を狙うというのであれば
やはり勝たなければならない相手ではあるだろう。

ワグネルが復帰してくるかと思ったけれど
この日は大事をとったのかベンチスタート。
ボランチに谷口ではなく、栗澤を入れてきた。

といっても、大谷栗澤のコンビはコンビネーションという点においては
何の心配もいらないレベルにあるはずなので
守備の安定という面では効果的なのではないかと思う。

FWには田中と工藤。

工藤はともかくとして、田中はここで結果を出さないようだと
ポジションを完全に失ってしまいかねない危機感はあるだろう。

SBは右にキムチャンス、左に藤田。
山中はどうやら怪我らしいけれど
正直に言って、仙台戦で良かった藤田を左に回すという意味では
不安は大きいわけだし、このポジションに怪我人が多いのが痛い。

がしかし、試合の入り方は悪くなかったように思う。

大分のパスを網にかけるという点で
大谷、栗澤の二人は終始安定していたし
ハイボールを高松に当ててくるケースでは
近藤、増嶋がそうそう競り負けることはなかった。

何と言っても、この日は藤田の左SBが素晴らしかった。

先制点につながるボール奪取も、
勝ち越し点を生んだクロスもどちらも藤田。
右でも左でも質の高いクロスを供給してくれるというのが素晴らしい。
昨年までの出来とはまるで別人。

173316186_624.jpg


右で使われていたキムがまだまだの出来で
後半になると、大分にそこを狙われるようになる。

同点に追いつかれるシュートもそうだったけれど
右を崩されるシーンが目立ってくる。
あれだけ1対1で振り切られると厳しいが
コンディションもまだまだなのだろうから
今後に期待したい。

ともあれ、押し込まれる時間帯を
ポストやシュートミスもあって同点で凌げたのは大きい。
ここで勝ち越されていたらどうなっていたかわからない。

田中の勝ち越しはクロスも良かったけれど
ニアに走り込んでくる動きも素晴らしかった。

そしてその後は大分の攻撃を封じるべく
鈴木大輔を入れて3バック。
こういう使い分けができるようになってくると
戦い方にも安定感が出てくるだろうと思う。

ただ、ばてて走れなくなっていた狩野を最後まで引っ張ったのは
何か意図があったのだろうか。
90分やりきらせることで、自信につながるというのはあるのかもしれないが。
ともあれ狩野自身も充実感のある表情を見せていて
いい選手が来てくれたと本当に思う。

173316198_624.jpg


工藤の2点目も決して小さくはない。
得失点差は決して軽視すべきではない。

ともあれ、ここからタイトな日程が続く中、
勝利でスタートできたのは何よりだった。

次はアウェイの韓国。
ここで勝つとACLのグループリーグはかなり楽になる。
日程的に休ませられるようになるという面でも大きい。

一戦必勝。頑張って欲しい。

| - | - | ↑ページトップ |

2013 Jリーグdiv.1 第三節 ベガルタ仙台vs柏レイソル

2013.03.17 10:50  Football

前節東京に完敗を喫した柏。

ACLでは立て直しの兆しを見せたけれど
果たしてリーグではどうだろうか。
二冠を追うと公言しているわけだから
まだ2節の段階とはいえ、そうのんびりもしていられない。

今日の相手は仙台。
ユアテックスタジアムに行くのはこれが初めて。
屋根もついていて非常にいいスタジアムだった。

171920626_624.jpg

171920636_624.jpg


ACLのアウェイを中国で戦って中三日。
中二日でアウェイの柏とは日程的には互角の条件だろうか。

柏のスタメンはACLと同じ。
ACLで機能したというのももちろんあるだろうし
故障者が多く、日程的な疲れなど言っていられないというのもあるだろう。

茨田がベンチにも入っていないというのは気になるけれど
競争の世界だから、あれだけチャンスを与えられて
いい働きを見せられなければ、フィジカルに優れた谷口の方を選ぶというのは当然のことだ。

一方の仙台にも故障者が多い。
特にDFの主軸に故障者が多いというのは
こちらにとっては好材料であると思えた。

がしかし、試合はいきなり仙台に先制を許す。

ウィルソンが梁にはたいてから縦に抜けてスルーパスを受ける形というのは
仙台にとっては完全にデザインされているプレーなのだろう。
そのままウィルソンがシュートに持ち込めれば理想だし
はたいた瞬間に太田が外に開くことで
太田に出してクロスを入れさせる選択肢も作っていた。

ウィルソンのシュートを菅野が止めたこぼれ球を松下に決められたのは
一瞬CBの反応が遅れたのもあるだろうけれど
もともとそういうのを狙っているプレーだというのをよく示している。

その前の段階でクレオが脚を痛めて交代の用意をしていたスキをつかれたというのは
ただの言い訳に過ぎない。

早い時間に先制を許すのは
ゲームプラン的には非常に痛い。

がしかし、いい反撃は前半から見せられた。
谷口のヘディングは決めて欲しかったけれど。

後半になって仙台の足が止まる。

仙台はJリーグでも有数の走力を持つチームだけれど
日程的に苦しいのは影響していただろう。
とはいえ柏とて日程は詰まっているわけで、
それを完全に走力で上回ったのは評価していい。

足が止まった後の仙台の選手の体の張り方は見事と言えば見事だけれど
逆に言えば体を投げ出すしか守りようがなくなっていたとも言える。

同点に追いついたレアンドロのボレーはさすがの一言だったし
その後30分以上、柏の方が完全に試合を支配していた。

それなのに、最後に一発食ってしまったわけで
これがサッカーだよなと痛感させられた。

もちろん失点はいずれも左の山中のサイドからで
彼の守備、特に体の寄せ方、入れ方に課題があるのは否定できない。
本人も相当悔しいと思っているはずだ。

がしかし、それを責めることは僕にはできない。

そもそもユースから昇格してキャリア2年目の選手に
本来のポジションとは異なるSBをやらせているのだ。
増して、柏のSBはタスクが多い。
その中で山中が必死にやってくれているのは良くわかる。
彼にとって、この経験が将来生きることを願う。

問題はそこではない。

後半圧倒的に支配し何度も訪れた決定機をことごとく外したFWだ。

クレオがいれば違った展開になっただろうとは思うけれど
交代で入った田中とてレギュラークラスの力を持っているはずだし
勝敗に対して責任を負うと公言している工藤が点を取れなければ
それは批判の対象にならざるを得ない。

何本ふかせば、何本枠を外せば気が済むのだと
僕はスタジアムで何度も天を仰いだ。

まぁいい。
決してベストメンバーではない中で
仙台を圧倒するだけの試合をできたことは収穫だ。

狩野は横浜にいた時の狩野とは別人ではないかと思うくらい動いていた。
こんなに頑張れる選手なのかと驚いた。

谷口は持ち前の体の強さも見せてくれたし
攻撃に絡む動きも見せてくれた。
ボランチだとボールを散らせなかったりスルーパスなども期待できないから
使いどころが難しい選手ではあるけれど
決して悪い出来ではなかったと思う。

そして秋野が競ったゲームで栗澤を押しのけて起用される存在になっていることも
一つの収穫だと言っていいだろう。
トップの試合で通用するとネルシーニョが見ているということなのだから。

けが人続出だけれど、幸い2週間間隔が空く。
ジョルジ、澤あたりはそろそろ合流してくるだろう。
クレオの状態はもちろん僕には分からないけれど
軽傷であることを願う。

一戦ずつ、勝っていくしかないのだ。
次こそ勝ってくれ。

| - | - | ↑ページトップ |

仙台戦を前に

2013.03.15 22:45  Football

とある芸能モデルさんのブログを偶然見かけて(というか柏スレでだけど)読んだ。

工藤について書いていて、その熱を帯びた文章にまず驚いた。

そしてそのブログの他のエントリーも読んでみて
ああ、この人は本当にサッカー好きなんだというのが
とても良く伝わってくるブログで
率直に言って、一人のサッカーファン、Jリーグファンとして
ちょっと嬉しくなった。

芸能人のブログでサッカーのことを取り上げている場合、
何と言うか、お仕事感、営業感のようなものがそこはかとなく漂うことがあって
もちろんそれはそれで特に否定するものでもないのだけれど
本心から好きだというのが伝わるともっといいなと感じることも多い。

文章のセンスや言葉の選び方で
本当に試合を見ているかとか、サッカーが好きかとか
何となく伝わってしまうものなのだ。

で、そのモデルさんのブログのコメント欄を見て
僕は何とも言えない気持ちになった。

「サッカーのことよりも復興のことを心配しろ、道楽に思えて不快だ」

というようなコメントがあったからだ。(今は削除されているようだ)

もちろん東北地方で未だに避難所生活を強いられていて
復興もまるで進んでいないという方は多いだろう。
それについては心からお見舞い申し上げる。

がしかし、だからといって
趣味や道楽のことを芸能人が書いてはいけないのかとも思うのだ。
震災直後にあった、いろんな活動の自粛の動きに似た感じだろうか。

募金もした、復興税も源泉徴収で取られている。
僕自身、震災によって決して少なくない影響も受けた。
じゃあ他人が何かをたのしんでいるのを見て
お前ら好き勝手に遊びやがってと思うかと言えば僕は全然思わない。

それは余りにもいじけた考えというか狭量ではないかと思う。

TPOというのはもちろん大事だ。
人は時と場合に応じて敬虔でなければならないし真摯でなければならない。

でも、自分が好きなことを自分の言葉で語るのを
不謹慎だとか自粛すべきだとか言って制限するのは
さすがにもういいんじゃないかとは正直思う。

芸能人だから、そういった毀誉褒貶があるのは仕方が無いかもしれないけれど
ああいう純粋なサッカー好きの文章が減ってしまったら悲しい。

いずれにしても、震災後2年を経て、ようやく仙台まで行ける。

僕にとってはサッカーは趣味、道楽でしかない。
けれど、一生懸命働いて、そして限られた資金を費やして
柏レイソルというクラブを応援しにスタジアムへ通う。
人から見れば無駄かもしれない。愚かかもしれない。

でも、僕にとっては、僕の人生にとっては
サッカーは欠かせないものであるとだけは断言できる。

だから、震災の被害からまだ立ち直れていない方がいて
中にはそういった道楽に時間を費やすことを
苦々しく思う方もいるということだけは頭に置いて、
サッカーがある幸せを味合わせてもらってこようと思う。

| - | - | ↑ページトップ |

AFCチャンピオンズリーグ 2013 グループステージH組 第二節 柏レイソルvsセントラルコースト・マリナーズ

2013.03.14 10:15  Football

土曜日の完敗からわずか中3日で迎えるACL第二節。
戦術面、連携面での修正ももちろんだけれど
メンタル面での切り替えも重要になる。

171664628_624.jpg


前日の記者会見においてネルシーニョがこうコメントしていた。

「明日のゲームは前回の我々のJリーグのゲームの中の光景は見ることはないと思います。
あのゲームが我々の教訓となっていますので、
明日のゲームはあのゲームとは全く違うチームがグラウンドの中で戦うと思ってください」

あまり強気なことを言うイメージが無いだけに
手ごたえがあるのかなという期待はあった。
いずれにしても、ああいう完敗を引きずるようでは
去年の二の舞というか、もっと悪い成績に終わる可能性すらある。

個人的には大いに期待しながらスタジアムへ向かったのだけれど
平日19時からという観戦には決して楽な時間ではないせいもあるのか
観客数は6400人余り。

試合前日からコアサポが駅前などでビラ配りをしていただけに
その努力がもう少し報われるといいなとは感じる。

もっとも、まずは試合に勝ってくれるだけで
十分報われるのかもしれないのだけれど。

ワグネル、澤、橋本と故障者が続出しているけれど
この日はさらに鈴木まで欠場。

ネルシーニョは高さ対策もあってなのか
茨田をベンチからも外して狩野、谷口を起用してきた。

左右のSBには藤田と山中。
体格的にかなりミスマッチになるだけにセットプレーの守備に不安はあったのだけれど
案の定、コーナーから先制を許す。
と言っても、これはミスマッチの部分ではなく完全に競り負けていたように見えた。

あれだけ身長差があればある程度は仕方が無いと覚悟はしていたが
前半早々の失点となればやはり嫌なものだ。
が、この日はそれを払拭する動きの良さを見せた。

セントラルコーストがラインを上げてコンパクトにしてきたその裏を
レアンドロが何度も抜け出す。
藤田や大谷からいいフィードが何本も通りチャンスを演出した。

がしかし、せっかくサイドを崩してもクロスはそうそうは通らない。

一工夫欲しいなと思って見ていたら
大谷が前線でいい形でボールを奪い、前に出したボールを戻してもらって
ダイレクトですばらしいスルーパスをレアンドロに出す。

GKと1対1になればレアンドロクラスはそうは外さない。
きっちり決めて前半のうちに追いつく。

その後も何度もいい形で攻め上がり、先週不甲斐ない出来に終わった狩野も
今日は非常にいい動きとハードワークでチャンスに絡む。
一本PKに見えるプレーがあったけれど
これは笛は鳴らなかったのが残念。

この日の審判はUAEのユニット。
1点目のレアンドロのシーンはオフサイドかと思ったけれど
映像を確認したら完全にオンサイドだったし
総じて良いジャッジをしてくれていたと思う。

でも山中のファウルを取るのなら、狩野のもPKだろうと
サポーターとしては当然言いたい。

そう言えば、試合前のアップで
審判団もボールを使ってアップしていた。
そういうアップの仕方を見るのは初めてだけれど
中東ではわりと多いのだろうか。

171664636_624.jpg


それはさておくとして、
後半になって相手の運動量も落ちたのもあって更に崩すシーンが増える。

とにかくこの日は狩野や藤田がすばらしい働きを見せてくれた。
決勝点になった狩野のゴールはレアンドロのクロスも良かったし
クレオのヒールもいいタイミングだったけれど
狩野がきちんと後ろに詰めていたからこそのゴール。

クレオという選手は本当に良く動くし
良く試合を理解している。
プレスの掛けどころの指示を出しているのもクレオのようだし
レンタルではなく完全で獲得してほしいなと本当に思う。

そしてダメ押しになる3点目はレアンドロの見事な個人技から。

ヒールではたいて自分で中に飛び込んでダイレクトボレー。
前を向いてボールをさばけるといい仕事をするのは分かってはいるけれど
さすがに王様というプレーだったと思う。

真ん中に置くとマークが厳しくなって仕事を出来ないケースも多いが
今日はサイドに開いて真ん中のスペースを狩野や大谷、谷口が上手く使っていた。

171664650_624.jpg


特に大谷は攻守にわたってすばらしい働き。
谷口と組んだボランチコンビで、身体を張った潰し役で中盤の底を守り抜いた。
陰のMVPと呼んでもいいと思う。
谷口も先制のシーンでは競り負けたけれど、そこ以外では効いていたと言っていい。

ロスタイム間際のPKも菅野が見事にストップ。
あれを決められていても勝敗は変わらなかったかもしれないが
チームに勢いの出るセーブだったと思う。

171664643_624.jpg


この日はとにかく全員が気持ちのこもったプレーを最後まで見せてくれた。

GLのもう1試合がドローに終わったため
2位が勝ち点2、そして3,4位が勝ち点1となった。
柏は勝ち点6だからGL突破に向けて非常に理想的な展開と言っていいだろう。

この後すぐに土曜日に仙台でアウェイゲームがある。
決して楽な日程ではないけれど仙台もACLを戦っているのだから
条件的には差が無いと言っていい。

故障者が主力に出ているのも同じだ。

であれば負けるわけにはいかない。
リーグもACLも狙うんだという言葉に期待する。

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。